低金利のローン

Q→金利がとても低いので、変動金利型や固定期間選択型のローンを利用したくなります。将来、家計に余裕ができるなら、低金利のローンを使ってもいいでしょうか?

A→Sさん:全期間固定金利型のローンのほうが安心だとはわかっているのですが、金利か低い方が毎月の返済もラクになるし…。
Nさん:たしかに、今は変動金利型は2%台半ば。さらに、金融機関が定めた条件をクリアすれば、もっと低い引き下げ金利が使えます。返済額も少なくなり魅力ですよね。
Sさん:でも、将来の金利が上がったら、と考えると迷ってしまうんですよね。
Nさん:将来、収入がアップ、または支出がダウンするなら、金利が上昇しても返済できる可能性があります。
Sさん:では思い切って、変動金利で借りてもいいですか?
Nさん:収入アップや支出ダウンが何年後なのか、家計の余裕はどれくらいできるのかを明確にしておきましょう。そのうえで、金利上昇で返済額が増えた場合も返済していけるかどうかを、試算しておくといいですね。また、元金均等返済なら変動金利でも残債がある程度計画的に減らせます。

Q→今後、収入も支出も変化しない場合、どんな資金計画がいいのでしょう?どんな金利タイプなら安心ですか?

A→Sさん:収入も支出も、今のままずっと変わらない場合は、どんな資金計画がいいのでしょう?
Nさん:全額を全期間固定金利型で借りると、返済額は完済まで変わりませんから、家計の余裕も一定になる安心感がありますね。何年後にいくらの元金が残っているかも明確です。
Sさん:そうですね。決まった金額を返済していけると気が楽かも。とはいえ、今は変動金利のほうが低金利なので、つい変動で借りてしまう人も多そうですね。
Nさん:変動金利で借りると当初の返済額は少なくて済みます。でも、5年後からの返済額や残債が不透明。もしも、ローン返済額が増えると、生活に余裕がなくなる可能性があります。
Sさん:将来の金利はどう動くかわからないから怖いですね。
Nさん:全額を全期間固定金利型にするか、たとえ変動金利と併用しても、全期間固定金利の割合を多くすれば、返済額は一定か動きが小さい分、安心でしょう。

神奈川県と言えば横浜市,鎌倉市など様々なエリアがあり,地域ごとの魅力が輝く地域でもあります。都会的なエリアから,少し落ち着いた観光地・別荘地として人気の高い幅広いエリアを有しており,人口は東京に次いで2位という多くの方が訪れたことのあるエリアにもなっています。そんな神奈川県の中でも移住者が多く都内へ通勤している方に人気なのが,相模原市。相模原市は中央区,緑区,南区の3つの特別で構成されている政令指定都市で,東京都町田市や八王子市と接していて,鉄道などなど交通網も充実している為ベッドタウンとしても人気があります。そんな相模原市でお住まいや不動産経営などをお考えでしたら,こちらのウェブサイトまでアクセスして下さい。幅広い不動産を相模原市内で取り扱っておりますので,アクセスはお気軽にどうぞ。ベテランスタッフが全力でサポート致します。